西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

車いすテニスジュニアキャンプ 筑豊で初開催 県内外16人参加 [福岡県]

筑豊ハイツのコートでテニスの練習に打ち込む子どもたち
筑豊ハイツのコートでテニスの練習に打ち込む子どもたち
写真を見る

 飯塚市仁保の筑豊ハイツで7、8の両日、「車いすテニスジュニアキャンプ」があり、同市や小郡市など県内のほか、鹿児島や熊本、山口などから計16人が参加した。熊本車いすテニスクラブの主催。

 ジュニアキャンプは、テニスを通じた子どもたちの交流や各地に拠点をつくるのが目的。4年前から、毎年8、10月に全国各地で開催している。今年2月に筑豊ハイツがナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点施設に指定されたことを受け、初めて筑豊ハイツで開催した。

 参加者はサーブの練習や自宅でもできる体幹トレーニングなどに取り組んだ。
同クラブ代表の塚本直子さん(57)は「障害が重くても、テニスを一緒に楽しむことができる。各地でもっと広げていきたい」、鹿児島県鹿屋市の岩元章馬さん(16)は「打ち方やフォームを教えてもらい、刺激になった。鹿児島は練習場がないが、自分のテニスがうまくなるよう頑張りたい」と話した。

=2017/10/18付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]