「行ってみたい場所」小中学生が絵と川柳 アーケードに大型フラッグ 直方・古町商店街 [福岡県]

あこがれのハワイの海でカメと一緒に優雅に泳ぎたい…
あこがれのハワイの海でカメと一緒に優雅に泳ぎたい…
写真を見る
お隣の韓国で料理も音楽も味わいつくしたい…
お隣の韓国で料理も音楽も味わいつくしたい…
写真を見る
幸運を呼ぶという四つ葉のクローバータクシーに乗るのを夢見て…
幸運を呼ぶという四つ葉のクローバータクシーに乗るのを夢見て…
写真を見る

 直方市古町商店街のアーケードに「私が行ってみたい場所」をテーマに、子どもたちが自由な発想で描いた大型フラッグ計9点が掲げられ、買い物客の目を引いている。商店街の活性化などを目的に、2007年度からほぼ毎年、テーマを変えて飾られている。

 フラッグは布製で縦2・3メートル、横1・6メートル。直方谷尾美術館で活動する小中学生の子どもスタッフ11人がそれぞれアクリル絵の具を使い絵と川柳を描いた。

 描かれた場所は、泳いだりシュノーケルをしたりできるハワイが多いが、自分だけが住む無人島もある。韓国、海外の小学校へのあこがれを表現したもの、東京や京都などの国内派、沖縄などに生息するベニボシカミキリを追うこだわり派の作品もある。

 来年1月には、明治町商店街に新たに2点が加わり、3月中旬まで飾られる。

=2017/12/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]