飲酒運転撲滅へ干支オブジェ 「戌」制作し、十二支達成 宮若市の石橋さん [福岡県]

飼い犬をモチーフにした来年の干支「戌」のオブジェと、石橋鉄心さん
飼い犬をモチーフにした来年の干支「戌」のオブジェと、石橋鉄心さん
写真を見る

 宮若市の鉄工芸家、石橋鉄心さん(73)が来年の干支(えと)「戌(いぬ)」のオブジェを制作し、同市龍徳の工房前に飾っている。

 石橋さんは、1963年に当時52歳だった母チエ子さんを、飲酒運転事故で亡くした。バス停でバスを待っていたチエ子さんに、飲酒運転のバイクが衝突してきたという。2006年、福岡市の海の中道大橋で飲酒運転による3児死亡事故が起きたときは「自分のことのように思えた」という。同年から、飲酒運転撲滅を願う干支のオブジェを毎年作っている。

 飼っているシバイヌの鉄くんをモデルに高さ約60センチのオブジェを作り「飲んだら乗るな(鉄も吠(ほ)える)」とタイトルをつけた。今回で十二支全ての制作が終わったため、オブジェ作りは最後という。石橋さんは「今後も、飲酒運転撲滅に向けてできることは協力していきたい」と話した。

=2017/12/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]