竹灯籠3000本、幻想的な世界演出 宮若市・清水寺 [福岡県]

竹灯籠に照らされた清水寺の境内
竹灯籠に照らされた清水寺の境内
写真を見る

 宮若市黒丸の清水寺(中野信剛住職)で30日、約3千本の竹灯籠が境内を照らすイベントが始まり、家族連れなどは、幻想的な光の世界を楽しんでいた。31日まで。

 地域おこしに取り組む市民グループ「黒丸むらおこしの会」(花田浩会長)が、住民の協力を得て、毎年開催。今年は7月の九州豪雨からの復興を願うメッセージをはじめ、来年の干支(えと)の「戌(いぬ)」や、市のイメージキャラクター「追い出し猫」などを表現した。

 花田会長は「豪雨からの復興は道半ばと思うので、少しでも応援したかった。温かな光の演出を見に来てほしい」と話した。

 31日は夕方に点灯し、年越しまでともされる。無料。

=2017/12/31付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]