筑豊地区でもぽかぽか陽気 [福岡県]

陽気に誘われ、つぼみを開き始めた福智山ろく花公園のボケ
陽気に誘われ、つぼみを開き始めた福智山ろく花公園のボケ
写真を見る

 積雪をもたらした寒気が去った筑豊地区は16日、高気圧の影響で晴天が広がった。直方市の福智山ろく花公園では、ぽかぽか陽気に誘われて、3月に見ごろを迎えるボケのつぼみが少しずつ開き始めた。

 福岡管区気象台によると、この日の最高気温は飯塚市で17・6度、添田町で18・0度。4月上旬から中旬並みの暖かさだった。家族で花公園を訪れた直方市上頓野の上川佳那さん(31)は「久々にすがすがしい天気。子どもたちも外で遊べて喜んでいます」と笑顔。飯塚市の勝盛公園でも、ブランコやすべり台で遊ぶ親子連れの姿があった。

 福岡管区気象台によると、九州北部は22日まで南から湿った空気が入り込み平年より暖かい日が続くが、23日以降は再び厳しい寒さに見舞われる見通し。空気も乾燥しやすくなるため、インフルエンザや風邪の予防を呼び掛けている。

=2018/01/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]