新飯塚駅東側に複合商業施設 4月下旬オープン [福岡県]

 飯塚市立岩のJR新飯塚駅東側に、スーパーなどが入る複合商業施設「スパイシーモール新飯塚」(仮称)が4月下旬、オープンする。

 県中小企業振興課などによると、店舗面積は約3千平方メートル。スーパーの「フードウェイ」やドラッグストア、100円ショップなどが入り、クリーニング店や美容院、歯科も計画しているという。建物は平屋で、約240台分の駐車場もある。

 昨年6月下旬、奥田金属(北九州市門司区)が大規模小売店舗の新設を県に届け出、同年10月に着工した。運営するADAY商業開発(福岡市博多区)の担当者は「幅広い年齢層をターゲットに、地域の方に使ってもらえる施設にしたい」と話した。

 新飯塚駅東側ではマンション建設が相次ぎ、飯塚市によると、同駅東側を含む立岩地区の今年1月末の人口は3259人(1614世帯)。2013年1月末からの5年間で534人(292世帯)増えた。

=2018/02/02付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]