西日本新聞社

北九州

冬の夜空、平尾台で光の競演

音楽やレーザー光線に合わせて花火を打ち上げた「平尾台ふゆはなび」

 バレンタインデーを前に、冬の夜空へ花火を打ち上げる「平尾台ふゆはなび」が11日夜、北九州市小倉南区の自然公園「平尾台自然の郷」であった。国内有数のカルスト台地を彩る花火とレーザー光線の競演に、約1万3500人が魅了された。

【記事全文】 (00時32分)

「道程」刻字で寄贈 書道家の宇野美江さん

中間東小の森岡校長(右端)に刻字を寄贈する宇野美江さん(左端)と長男の佑哉君

 中間市の書道家宇野美江さん(51)=雅号・星河=が10日、同市中尾の中間東小(495人)に、高村光太郎の詩「道程」を彫った刻字作品を贈った。同小6年の長男佑哉君(12)と森岡重義校長(60)が今春、「卒業」するのを記念した寄贈で、刻字は同小の児童用出入り口に飾られた。

【記事全文】 (2月11日)

コムシティ課題を論議 再開業3年「増える利用」と「低い認知度」

 北九州市八幡西区のJR黒崎駅に隣接する複合施設コムシティ=写真=が再開業して今春で3年になるのを前に、「人材育成、にぎわい創出の拠点」としての現状と課題を議論する会合が施設内で開かれた。街づくり団体「副都心黒崎開発推進会議」(会長・利島康司北九州商工会議所会頭)が「地域マネージャー養成塾」の一環で企画した。

【記事全文】 (2月9日)

和布刈神事厳かに 北九州市門司区

たいまつの火の下、ワカメを刈り取る神職たち=8日午前2時50分、北九州市門司区

北九州市門司区 旧暦の元日にあたる8日未明、ワカメを刈り取って神前に供え、1年の繁栄を願う和布刈(めかり)神事(福岡県無形民俗文化財)が、北九州市門司区の和布刈神社であり、多くの見物客が厳かな早春の風物詩を見守った。

【記事全文】 (2月8日)

昨年の「顔」小倉に登場

五郎丸歩選手などをモチーフにした変わり羽子板

 ラグビーワールドカップで活躍した日本代表の五郎丸歩選手をはじめ、昨年話題になった人をモチーフにした「変わり羽子板」が、小倉北区霧ケ丘3丁目の人形店「久月小倉店」で展示されている。観覧無料。7日まで。

【記事全文】 (2月5日)

清張の名を黒住公園に 小倉北区住民、市に要望書

住民団体が「くろずみ清張公園」への名称変更を求めている「黒住公園」

 小倉生まれの文豪・松本清張(1909~92)がかつて暮らしていた小倉北区黒住町の住民団体が4日、地元の黒住公園を「くろずみ清張公園」に名称変更するよう求める要望書を市に提出した。住民団体は「清張さんの名を若い世代に語り継ぎたい」と意気込んでいる。

【記事全文】 (2月5日)

◆トピックス

Recommend【PR】
新着!在宅お仕事情報
九州お仕事モール

パララックス修正(js,jQuery)一部のみコーディング【2万円】
5,000 円 ~ 50,000 円

Recommend【PR】
アクセスランキング

総合

  1. 福岡・ホークスタウンを再開発へ 三...
  2. ライブ会場 福岡の難 ゼップ閉鎖 ...
  3. 嘉麻市の合併式典に市民入れる? ゲ...
  4. 「末は博士か大臣か」…
  5. キリン「キーボー」死ぬ 福岡市動物...
  6. 【クラブ経営1年の格闘】 岡田 武...
  7. 福岡時代の記憶を重ねた炭鉱の親分役...
  8. ヒマラヤ雪崩で「奇跡の生還」 標高...
  9. 発車予告音に「銀河鉄道999」 山...
  10. 「これが最後です。長いことお世話に...

>> ほかのランキングを見る

Recommend【PR】
47CLUBピックアップ
47CLUB探検隊

福岡県の梅と海が生んだ新名物「梅の実ひじき」

47都道府県、ぐるりと「ニッポンのメシ」を紹介した47CLUBの「こんなのあるん...

>> 記事を読む

>> 47CLUB探検隊へ

注目コンテンツ
【PR】