西日本新聞電子版サービス

消防出初め式 雨の中、勇壮に 北九州市 [福岡県]

関門橋を背に、はしご乗りを披露する門司消防団員たち
関門橋を背に、はしご乗りを披露する門司消防団員たち
写真を見る

 北九州市消防局の出初め式が8日、門司区西海岸1丁目の「関門海峡ミュージアム」北側広場であった。あいにくの雨の中、消防隊員や消防団員ら約850人がはしご乗りや迫真の訓練などで勇壮な姿を披露、約千人の観客が見守った。

 市消防局によると、消防車57台のほか、市消防ヘリ1機と消防艇など3隻が参加。北橋健治市長は「安全安心の確保は街づくりの根幹。最前線で活動する消防体制の重要性を強く感じる」と式辞を述べた。

 式には小倉南区消防団による木やり歌が初めて披露されたほか、八幡西区消防団が手動ポンプで消火訓練を行った。雨天の影響でカラーガード隊の演技は中止となり、はしご乗りも縮小された。

=2017/01/09付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]