ホークスファンタブレット

輸入差し止め最多4684件 門司税関、ネット通販など小口化 [福岡県]

門司税関が輸入を差し止めた偽ブランド品など
門司税関が輸入を差し止めた偽ブランド品など
写真を見る

 門司税関は3日、2016年に知的財産権を侵害したとして輸入を差し止めた偽ブランド品などの件数が4684件(前年比32・4%増)に上り、3年連続で最多を更新したと発表した。税関は「インターネット通販など小口化が目立った」としている。

 輸入手段は、国際郵便が約99・5%で、残りは貨物船などの一般商業貨物だった。国別では、中国からが97・1%を占め、9年連続で9割を超えた。

 差し止め対象は、バッグが1729件(前年比59・5%増)と最も多く、次いで衣類1648件(同26・7%増)、靴類399件(同78・9%増)だった。ほとんどが偽ブランド品などの商標権侵害(約99・7%)で、人気キャラクターを模したアクセサリーなど著作権侵害も一部あった。

 門司税関の野口俊秀業務部長は「ネット通販を利用する際は、破格の設定や不自然な日本語を見たら注意してほしい」と話した。

=2017/03/04付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]