西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

台風18号で交通網に乱れ 北九州・京築地区 [福岡県]

JR小倉駅構内で大型ビジョンの台風情報に見入る旅行者ら=17日正午すぎ
JR小倉駅構内で大型ビジョンの台風情報に見入る旅行者ら=17日正午すぎ
写真を見る
小倉北区の中心部では昼間からライトを点灯させて走る車が目立った=17日午後3時ごろ
小倉北区の中心部では昼間からライトを点灯させて走る車が目立った=17日午後3時ごろ
写真を見る
買い物客でにぎわう小倉井筒屋のホークス優勝セール=17日午前11時ごろ
買い物客でにぎわう小倉井筒屋のホークス優勝セール=17日午前11時ごろ
写真を見る

 台風18号が九州南部に上陸した17日、北九州・京築地区でも朝から断続的に雨が降った。台風は夕方には九州から離れたが、交通網は大きく乱れ、公共施設や商業施設が臨時休業するなど暮らしに影響が出た。

 JR九州は在来線全線で夕方まで運転を見合わせた。本州からの旅行者の中にはJR小倉駅(小倉北区)で足止めされた人も。旅行先の京都から母親と帰宅中の大分県別府市の会社員、川端博江さん(49)は「台風を心配して日程を繰り上げたのに、小倉から先に行けないとは思わなかった。早く帰りたい」。台風情報を伝える駅構内の大型ビジョンに見入っていた。

 北九州空港(小倉南区)では、羽田を結ぶ便など国内線11便が欠航。北九州市と関西や四国を結ぶフェリーも一部を除き運休した。北九州モノレールは通常通り運行した。

 同市の避難所には16日から64世帯77人が避難。土砂崩れや河川氾濫に備えたが、市によると、人的被害や家屋被害などの情報は寄せられていないという。

 同市では図書館や体育館など多くの公共施設のほか商業施設も臨時休業。アミュプラザ小倉(小倉北区)も一部店舗を除いて休業し、訪れた同区の主婦(60)は「せっかく買い物に来たのに」と残念がった。年末に閉園するスペースワールド(八幡東区)は2月に「閉園まで無休営業」を発表後、初めて臨時休園にした。代替措置として18日の営業時間を2時間延長し、午後8時まで開園することも決定。同園の担当者は「18日以降も折を見て営業時間を延長し、休園した17日の分を補いたい」と話した。

 一方、小倉井筒屋(小倉北区)では、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスのパ・リーグ制覇を祝う「優勝セール」がスタート。雨傘のタイムセールなどに多くの客が詰め掛けた。同区の主婦武田タカエさん(71)は「お値打ち品が買えた。雨の中、来たかいがありました」と喜んでいた。井筒屋のセールは19日まで。

=2017/09/18付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]