西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「学生が見た東南アジア」写真展 旦過市場「大學堂」2階 [福岡県]

東南アジアをテーマにした写真展を開いている北九州市立大の古藤あずささん(右)と猪股萌子さん
東南アジアをテーマにした写真展を開いている北九州市立大の古藤あずささん(右)と猪股萌子さん
写真を見る

 東南アジアで現地の暮らしを調査する北九州市立大などの学生3人が、撮影した写真を旦過市場(小倉北区)の「大學(だいがく)堂」2階で展示している。マレーシアの焼き畑農業や、ラオスの伝統儀式など、観光地とは異なる表情を切り取った約40点が並ぶ。11月30日まで。

 展示会を開いているのは、同大で人類学を研究する学生が中心の「九州フィールドワーク研究会」のメンバー。大学院修士2年の古藤あずささん(24)はマレーシアのサラワク州で焼き畑農業を調査した際の写真を紹介する。森林に覆われた先住民の文化が残る地域で「男女の厳格な作業分担など伝統が色濃い一方、笑顔は日本人と何も変わらない」と感じたという。写真は笑みを見せる現地の人の姿を中心に選んだ。

 外国語学部4年の猪股萌子さん(22)の写真は、3回訪れたラオスの風景。井戸端会議に花を咲かせる母親たちや、バナナの葉をタワー状に組み合わせる儀式の様子を切り取った。研究会に所属する日本経済大4年の黒岩晃人さんもフィリピンの「ゴミ山」を撮影した写真を出展している。

 入場無料。午前11時~午後5時。水、日曜と祝日は休館。大學堂=080(6458)1184。

=2017/10/20付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]