新遠賀川駅舎9日供用へ 「どう見ても仮設」の声も [福岡県]

JR九州が9日から供用する遠賀川駅の新駅舎
JR九州が9日から供用する遠賀川駅の新駅舎
写真を見る
屋根から煙を上げるJR遠賀川駅舎=8月30日撮影、福岡県遠賀町
屋根から煙を上げるJR遠賀川駅舎=8月30日撮影、福岡県遠賀町
写真を見る

 JR九州は8月30日に全焼し、臨時改札口で営業しているJR遠賀川駅(遠賀町)について、新駅舎を9日から供用する。新駅舎は軽量鉄骨造(プレハブ)の平屋で、利用者の間からは「どう見ても仮設。正式な駅を造って」との声も上がる。町は現在、駅周辺に交流拠点を設ける計画を策定中。プレハブでない駅舎建築に関し「JRと協議を進める」としている。

 JR九州によると、新駅舎は燃えた旧駅舎と同じ位置に建設され、広さは66平方メートル。椅子を置いた待合スペースと自動改札を備える。これまで通り駅員が常駐し、定期券購入も可能。臨時改札口は8日の営業終了後に撤去の予定で、「利用者にご迷惑をかけた。以前のように活用してほしい」と同社。

 ただ、利用者の賛否は分かれる。芦屋町の高校3年の女子(18)は「寒さが厳しくなってきたので、風が避けられる駅舎は助かる」と歓迎。一方、通勤のため最寄り駅の遠賀川駅を使うという鞍手町の会社員、笠原真一さん(50)は「建物が貧弱。入り口も狭くて混雑しそう」と心配する。

 全焼した旧駅舎は木造平屋(約400平方メートル)で1964年の建築。火災後、撤去された。

=2017/12/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]