ホークスファンタブレット

超過取水問題、虚偽の報告書を提出 古賀市と築上町 県の照合などで判明 [福岡県]

 古賀市と築上町が県管理河川から許可量を上回る取水を続けていた問題で、県は13日、両市町が許容量しか取水していないと、虚偽の記載をした報告書を提出していたことを明らかにした。超過取水の事実を紛らわすために改ざんしていたとみられる。

 両市町は県に対し、超過取水の理由を「人口増加に対し水源開発が間に合わなかった」(古賀市)、「井戸水の水質が良くないために使った」(築上町)などとそれぞれ説明しているという。超過取水は両市町とも現在はやめている。

 報告書は県に年1回提出する必要があり、県が実際の取水記録と照合した結果、築上町の城井川での虚偽記載が判明。古賀市の大根川と谷山川、同町の岩丸川に関する虚偽記載は、県が昨年7月に立ち入り検査した際に両市町が申告した。

 県によると、現在残っている取水記録から、少なくとも古賀市は大根川で2006~14年、谷山川で13年と15年に超過取水があった。築上町は城井川で01年~昨年12月、岩丸川で02、05、12~14年に超過取水していた。西日本新聞の取材に両市町は「申し訳ない。再発しないよう対応する」としている。

=2017/03/14付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]