西日本新聞電子版サービス

博多陥没で休業のコンビニきょう営業再開 商品搬入など急ピッチ [福岡県]

開店準備が進むJR博多駅前のコンビニ
開店準備が進むJR博多駅前のコンビニ
写真を見る

 福岡市のJR博多駅前の道路陥没で休業を余儀なくされたコンビニ店「セブン-イレブン博多駅前通店」が20日午前7時、約40日ぶりに営業再開する。事故で破損した下水管などの修復を終え、19日は従業員と応援社員の計10人が商品を搬入。パンや総菜、デザートなどを陳列し、開店準備を整えた。

 11月8日の陥没は同店の目の前で起きた。同15日の道路復旧後、破損した配管を修復し、泥水があふれた床を張り替え。商品は総入れ替えすることにし、今月中旬から棚や雑貨類などの搬入を始めていた。セブン&アイ・ホールディングスによると、同店の1日平均来客数は全国平均の約1060人を上回る約2千人で、今後市などと損害賠償について協議する。

 鶴我敏彦オーナー(68)によると、事故発生時にいたアルバイト3人と社員1人は歩道が崩れる直前に全員退避した。店は今年3月に改装したばかりで、「僕の商売は終わった」と絶句したという鶴我さんだが、再開を前に「前より良い店にしていきたい」と力を込めた。

 この日の開店準備には、福岡美容専門学校(中央区荒戸)の生徒らも駆け付けた。同店は毎年、同校の校内美容コンクールの際に弁当を納入。そんな縁から今月5日、鶴我さんは「陥没しても落ちなかったコンビニ」からのお守りとして、国家試験の受験生400人分の菓子を贈っていた。

 お礼を伝えるために来店した同校2年の石瀧大志さん(20)は「営業できず大変な時期だったのに驚いた。また忙しくなるので頑張ってほしい」と感謝の気持ちを述べた。

=2016/12/20付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]