西日本新聞電子版サービス

子猫・子犬、世話しませんか 「ミルクボランティア」募集 [福岡県]

ミルクを飲ませてもらう子猫(福岡市東部動物愛護管理センター提供)
ミルクを飲ませてもらう子猫(福岡市東部動物愛護管理センター提供)
写真を見る

 福岡市東部動物愛護管理センター(東区)は、持ち込まれた子猫や子犬を一時的に引き取って世話をする「ミルクボランティア」を募集している。募集は2回目で、今回は27日まで。前回は応募の条件だった「ミルク哺乳の経験」をなくし、広く呼び掛ける。

 昨年10月から始めた事業で、これまでに11人が登録し、子猫8匹を飼育。うち5匹は新たな飼い主への譲渡が決まっている。出産シーズンで多くの子犬や子猫が持ち込まれる春に向け、20人程度のボランティアを増やすのが狙いという。

 ボランティアが預かるのは生後1週間~1カ月の子猫と子犬。固形のえさを自力で食べられる生後約2カ月になるまで預かり、2~3時間おきの哺乳、排出の補助を行うほか、成長の記録をつける。世話に必要な哺乳瓶などはセンターが支給する。

 希望者はセンターに電話で申し込んで申請書を提出。2月18日にセンターである研修や面接を受ける。その後にセンター職員による自宅の飼育環境調査もある。市内やその近郊の在住者が対象。

 センター=092(691)0131。

=2017/01/12付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]