ホークスファンタブレット

色とりどりの数千種 西区で「福岡らん展」 23日スタート [福岡県]

昨年開かれた「福岡らん展」の会場の様子
昨年開かれた「福岡らん展」の会場の様子
写真を見る

 数千種類、約1万鉢のランを展示販売する「第2回福岡らん展」が23~26日、福岡市西区小戸1丁目の園芸店「平田ナーセリー小戸店」で開かれる。ランの愛好者でつくる福岡洋らん会や平田ナーセリーなどでつくる実行委員会の主催。

 主に西日本の愛好家が手塩にかけて育てたランの鉢約500点を出品し、開幕前日の22日に審査。26日午後4時から、受賞作品の表彰式を開く。

 世界的に活躍するガーデンデザイナー玉井禎晋さんが作ったランの展示コーナーもある。著名なラン生産者の江尻宗一さんが来場者の質問に答える。ランと一緒に飾る多肉植物に詳しい藤川史雄さんも育て方を教える。

 期間中は毎日午前11時、午後2時、同4時(26日は表彰式)からコチョウラン栽培講座、シンビジウム植え替え実演、原種カトレア栽培講座などが開かれる。無料で申し込み不要。苗や開花した鉢も販売する。

=2017/02/17付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]