西武育成ドラフト1位の高木選手古里に入団報告 朝倉市 [福岡県]

朝倉市の森田俊介市長(左)に西武入団を報告する高木渉外野手
朝倉市の森田俊介市長(左)に西武入団を報告する高木渉外野手
写真を見る

 プロ野球の西武から育成ドラフト1位指名を受け、入団が決まった朝倉市出身の高木渉外野手(17)が24日、朝倉市役所に森田俊介市長を訪ね、入団を報告。九州豪雨からの復興が始まった古里の朝倉市に対し「活躍する姿を見せ、地元の方に喜んでもらえるように頑張りたい」と抱負を語った。

 朝倉市小田出身の高木外野手は身長180センチ、体重77キロ。福田小時代にソフトボールを始め、南陵中でクラブチームに所属。真颯館高(北九州市)では1年時からレギュラーになり、スカウトの目にとまった。西武で目標とする選手は首位打者に輝く秋山翔吾外野手で「バットコントロールを見習いたい」と話した。

 森田市長から「1軍の試合に出る日が楽しみだね」と声を掛けられた高木外野手は「(入団したら)欠点を見つめ直す」と、少しでも早く実力を付け支配下登録を目指すことを誓った。

=2017/11/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]