苦手な魚、料理で好きに 箱崎中で教室 三枚おろし挑戦 [福岡県]

お魚料理教室でアジをさばく箱崎中の生徒
お魚料理教室でアジをさばく箱崎中の生徒
写真を見る

 福岡市東区の箱崎中(西村和晃校長)は13日、生徒の魚嫌いを払拭(ふっしょく)しようと、アジを三枚におろし、フライにして食べる「お魚料理教室」を開いた。

 2年3組の34人が挑戦した。地元でこじま鮮魚店を営む安武修一さん(66)、美子さん(61)夫妻が来校。修一さんがアジをさばいて美子さんがフライに仕上げると、見よう見まねで生徒1人が1匹ずつアジをさばき、フライにして食べた。

 料理を終えた女子(14)は「骨がある魚が苦手だったけど、好きになりました」と感想を述べた。

 企画した栄養教諭の林七恵さん(32)は「すごく魚が苦手な人も、食べられるようになることがある。生魚に触り、調理することが大切」と話した。

=2017/12/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]