朝倉・東峰サンライズ開幕 被災地に再びにぎわいを 17日まで復興イベント  [福岡県]

初日はフラなど華やかなステージがあった朝倉・東峰サンライズ
初日はフラなど華やかなステージがあった朝倉・東峰サンライズ
写真を見る

 九州豪雨で被災した朝倉市と東峰村ににぎわいを取り戻そうという復興イベント「朝倉・東峰サンライズ」が16日、朝倉市杷木久喜宮(くぐみや)のサンライズ杷木で始まった。17日まで。

 原鶴温泉旅館協同組合などの主催。初日は、各地から集まったハワイアンフラや地元ミュージシャンのステージを市民らが楽しんだ。駐車場には、豪雨で被災した唐揚げ店など十数店が並んだ。

 17日は午前10時にスタート。朝倉市観光親善大使の井手智子さんのミニステージ(午後1時半)や、スターダスト・レビューの根本要さんのトークとライブ(同2時)を予定。豪雨支援の募金をして入場する。同組合の庄崎茂事務局長は「大勢の方に被災地に来てもらうことが支援になる」と来場を呼び掛けている。

=2017/12/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]