破魔矢、高さ7メートル 姪浜住吉神社に登場 [福岡県]

写真を見る

 福岡市西区姪の浜3丁目の姪浜住吉神社境内で24日、無病息災を願う巨大な破魔矢(高さ約7メートル)6本が飾り付けられた=写真。菊池友久宮司(51)が16年前に「住吉神社の名物を作りたい」と発案し、毎年設置している。

 神社の氏子総代会と地域住民の協力会の計約20人が、糸島市でモウソウチクを伐採。23日に1日がかりで破魔矢を作り上げた。菊池宮司は「緑鮮やかな太い竹で立派な破魔矢ができた」。氏子総代会長の西嶋功さん(86)は「お正月に多くの人に見てほしい」と話した。破魔矢は来年1月6日まで飾る予定。

=2017/12/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]