赤ちゃん主役絵本を育児パパ自費出版 宗像市の立石さん3年かけ完成 「花咲くまちで育つ」願い込め [福岡県]

立石あつしさんが自費出版した絵本「ハイハイはぁ~い。」は淳也君(右)、真子ちゃんの育児の合間に完成させた
立石あつしさんが自費出版した絵本「ハイハイはぁ~い。」は淳也君(右)、真子ちゃんの育児の合間に完成させた
写真を見る

 1歳、ゼロ歳児の子育てにタイ人の妻と奮闘中の宗像市武丸、立石あつしさん(55)が赤ちゃんを主役にした絵本「ハイハイはぁ~い。」を自費出版した。介護の仕事と育児の合間に3年がかりで仕上げた絵本には「子どもたちが笑顔の花咲くまちで育ってほしい」という願いを込めた。

 子どものころから絵が好きだった立石さんは、30歳をすぎて油絵を始めた。2008年、初めての絵本「ロボッタとオージー博士」を自費出版し、ストーリーを作る楽しさを知った。

 3年前、タイ・バンコク在住の友人の紹介で妻のジップさん(31)と知り合う。交際中のジップさんに会うために乗った飛行機の機内で赤ちゃんを主人公にした物語を思いついた。「子どもを授かるといいなという願いが自然に表れたのかも」と立石さん。結婚後、宗像市に移り住んだジップさんは気候の差もあり体調を崩したこともあったが、長男の淳也君(1歳10カ月)、長女真子ちゃん(6カ月)が生まれ、にぎやかな家庭になった。

 高齢者施設での勤務を終え、子どもたちが寝静まった夜に少しずつキャンバスに向かった。元気な赤ちゃんがハイハイすると、その跡に花が咲く。赤ちゃんはお友達と出会いながら、暑い国、寒い国、そして戦場にも花を咲かせていく。「そして地球は お花でいっぱいになって みんながしあわせに くらすようになりました」。

 「ハイハイはぁ~い。」(花乱社)は1404円。1月5~21日、福岡市中央区大名の「ENOTN Akasaka Studio」で原画展を開く。12日午後7時から朗読会も。

=2017/12/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]