博多駅前にDJポリス 神矢警部補が挑戦 交通安全訴え [福岡県]

DJポリスとして、現場指揮車の上から交通ルールの順守を呼び掛ける神矢直樹警部補
DJポリスとして、現場指揮車の上から交通ルールの順守を呼び掛ける神矢直樹警部補
写真を見る

 道路横断中の事故を減らそうと、県警は15日朝、JR博多駅前の交差点で「横断歩道マナーアップ運動」を行った。アナウンス技術に優れた警察官「DJポリス」が、軽妙な語り口で交通ルール順守を訴えた。

 DJポリスに初挑戦したのは県警交通企画課の神矢直樹警部補(38)。日本語や英語、中国語の3カ国語を駆使し、現場指揮車の上から「青信号でも、左右を確かめましょう」「まもなく信号が赤に変わります」などと呼び掛け。時折「今日も一日、頑張りましょう」と朝のあいさつも交え、歩行者の目を引いていた。

 県警によると、昨年1年間の交通事故死者数139人のうち41人が道路横断中の事故で死亡したという。

=2018/01/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]