留学生ら鬼に扮し豆まき 博多区の予備校など21カ所 [福岡県]

鬼に扮した留学生に向けて豆をまく北九州予備校の生徒たち
鬼に扮した留学生に向けて豆をまく北九州予備校の生徒たち
写真を見る

 鬼や七福神に扮(ふん)した留学生たちによる一足早い豆まきが19日、福岡市役所など市内21カ所で行われた。

 2月3日に東長寺(博多区御供所町)で開かれる節分大祭をPRしようと、1996年から大祭の世話人会が開く恒例行事。今年は九州大など地元大学で学ぶ留学生10人が参加した。

 北九州予備校博多駅校(博多区博多駅前)では、生徒200人以上がロビーに集結。金棒を手にした赤鬼、青鬼に、生徒代表らが「鬼は外ー」と豆を投げ、歓声が上がった。

 国立大医学部が志望の白石亮さん(19)は「人生の決断を迫られる時期だが、これで福が来そう」と、2次試験に向けて手ごたえを感じた様子。赤鬼に扮したインド人留学生ダウェンダル・クマルさん(28)=九州産業大大学院=は「ちょっと痛かったけど、日本文化を体験できて楽しい」と笑顔をみせた。

=2018/01/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]