節分前、児童が恵方巻き作り 堅粕小 [福岡県]

恵方巻きを作る堅粕小の児童
恵方巻きを作る堅粕小の児童
写真を見る

 節分を前に、福岡市博多区の堅粕小(入江誠剛校長)の5年生20人が1日、家庭科の時間を利用して恵方巻き作りに挑戦した。

 最初に、食育講座を各地で企画しているフードディレクター本田淑子さん(53)=福岡市=が実演。児童たちは保護者や教員の協力を得ながら、ノリに酢飯やレタス、ツナマヨネーズなどを載せてから巻きずしに仕上げていった。

 完成後は今年の縁起がよいとされる方向の南南東を向き、みんなでかぶりついた。「味のバランスを考えて自宅でも作って」という本田さんの呼び掛けに、初めて恵方巻きを作った飯田菜月さん(11)は「卵焼きを作るのが難しかったけど、おいしくできた。家でも作りたい」と話していた。

=2018/02/02付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]