「福は内」高らかに 各地で豆まき くまモンやアイドル登場 [福岡県]

東長寺では、アイドル「トキヲイキル」のメンバーも豆をまいた
東長寺では、アイドル「トキヲイキル」のメンバーも豆をまいた
写真を見る
櫛田神社に集まった大勢の人たちに豆や餅をまくくまモン
櫛田神社に集まった大勢の人たちに豆や餅をまくくまモン
写真を見る
中村勘九郎さん
中村勘九郎さん
写真を見る
「あいくる」で鬼に向かって豆を投げる子どもたち
「あいくる」で鬼に向かって豆を投げる子どもたち
写真を見る

 節分の3日、福岡都市圏各地で豆まき行事があった。週末と重なったこともあって大勢の家族連れが訪れ、各会場には威勢の良い「鬼は外、福は内!」の掛け声が響いた。

 福岡市博多区上川端町の櫛田神社の豆まきは、熊本県のPRキャラクター「くまモン」や、博多座の「二月博多座花形歌舞伎」に出演中の中村勘九郎さんらが登場する豪華な顔ぶれ。大盛況の中、豆をつかみ取った須恵町の小学4年大社拓斗君(10)は「くまモンの豆がどっさり取れてラッキー」と大喜びだった。

 博多区御供所町の東長寺では、地元アイドルグループ「トキヲイキル」のメンバーや、七福神に扮(ふん)した留学生たちが、特設舞台から豆まき。九州産業大に通うベトナム人のゴ・ティ・ニュンさん(23)は「初めての豆まき。日本の文化は興味深い」と笑顔だった。

 福岡市中央区今泉1丁目の市立中央児童会館「あいくる」では、児童ら約120人が親子で参加。職員たちが青鬼や赤鬼に扮して現れると、子どもたちは泣きだしたり、力いっぱい豆を投げつけたりしていた。同市城南区の小学1年宗像莉子さん(7)は「鬼は怖かったけど、うまく投げられた。良い1年になりそう」と話した。

=2018/02/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]