春の香り、ハウスいっぱいに ストックの出荷ピーク 西区 [福岡県]

収穫がピークを迎えているストック。ビニールハウスいっぱいに香りが広がる
収穫がピークを迎えているストック。ビニールハウスいっぱいに香りが広がる
写真を見る

 甘い香りと鮮やかな色が特徴の花ストックの収穫がピークを迎えている。福岡市西区西浦の農業宗裕文さん(42)方のビニールハウスでは、白や黄色、ピンク、淡い紫の花が咲き、家族総出の出荷作業が続いている。

 南欧原産のアブラナ科で、和名は「アラセイトウ」。独特の甘い香りと、花持ちが良いことで知られる。生け花や結婚式、入学式など春を演出する花として人気が高い。

 宗さんは「これから暖かくなると開花がどんどん進みます」と笑顔。収穫は4月末まで続き、福岡のほか関西方面へ出荷される。

=2018/03/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]