【住宅】被災者向け情報(5月10日掲載)

【苓北町が住戸無償提供】

町営住宅2戸、町営教職員住宅2戸、民間施設(旧養護老人ホーム)25室=1室2人の居住スペース、風呂・トイレなど共用=を無償提供。入居は最長2017年3月まで。罹災証明と住民票が必要(後日提出可)。町総務課=0969(35)1111。

【山鹿市が借り上げ住宅無償提供】

国土交通省菊池川工事事務所の旧栗林宿舎15戸を市が借り上げて提供。家賃・敷金無料、入居は原則半年。家屋損壊で罹災証明の取得可能な県民が対象。13日まで市都市計画課で午前9時~午後5時受け付け。16日抽選、17日から入居。同課=0968(43)1591。

【熊本市の応急修理】

大規模半壊や半壊した住宅の台所やトイレなど生活に必要な箇所を、市が業者に依頼し応急修理する。1世帯の修理限度額は57万6千円。みなし仮設住宅を利用しないなどの条件がある。市役所14階に臨時窓口設置(午前9時~午後5時、土日も対応)。市建築住宅部設備課=096(328)2450。


=西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]