【医療・福祉・保育】被災者向け情報(5月18日掲載)

【がん患者の相談】

指定病院に設置された「がん相談支援センター」(国指定8、県指定11)で、痛みや症状から治療費まで、がん患者や家族の心配事の相談に応じる。電話、面談いずれも可。無料。県健康づくり推進課=096(333)2208。


【災害時母子避難所】

県助産師会が施設を紹介。妊婦や0歳児を抱える母親を対象に、赤ちゃんの湯あみや母子の休養などのため、日帰りや宿泊で利用できる。無料。「母乳が出にくくなった」などの相談にも応じる。県助産師会=096(325)9432(ファクス兼用)。午前10時~午後4時以外はファクスで受け付け。


=西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]