ホークスファンタブレット

曽於市で奇習「鬼追い」 たたかれた参拝者に御利益 [鹿児島県]

写真を見る

 鹿児島県曽於市末吉町深川の熊野神社で7日夜、招福除災の御利益があるとされる奇習「鬼追い」(県指定無形民俗文化財)があった=写真。鬼役が樫の棒を振り回し群がる参拝客をたたくもので、約1300年の歴史があるとされる。今年も正月7日に行われ、25歳の厄年の男性3人が鬼役を務めた。

 鬼がまとう縁起物の御幣をちぎり取ると、その年を健康にすごせるとされる。鬼役1匹に2人ずつ「付け」と呼ばれる介添え役がおり、棒で参拝客を寄せ付けないようにする。この棒に打たれても健康にすごせるとされるため、参拝客たちが暗闇の中、神社周辺を走り回る鬼役に群がった。

 鬼追い保存会の迫杉雄会長は「毎年、楽しみにしている参拝客も多い。地元の文化として大切に残していきたい」と話していた。

=2017/01/12付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]