西日本新聞電子版サービス

「肥後の医事ものがたり」出版 熊本大名誉教授の小野友道さん 熊本の医学の歴史紹介 [熊本県]

単行本「肥後の医事ものがたり」を手にする小野友道さん
単行本「肥後の医事ものがたり」を手にする小野友道さん
写真を見る

 熊本大名誉教授の小野友道さん(76)=熊本市=が、西日本新聞熊本県版の連載記事「肥後の医事あれこれ」をまとめた単行本「肥後の医事ものがたり」(西日本新聞社刊)を出版した。江戸時代から現代に至る熊本の医学の歩みを、豊かな知見に数々のエピソードを交えながら紹介した作品だ。小野さんは「特に若い人たちに、本を通じて医学の歴史を伝えたい」と話している。

 小野さんは山口県周南市出身で、熊本大医学部を卒業。熊本大医学部長や副学長、熊本保健科学大学長などを歴任した。

 連載は2014年5月から15年12月まで計70回掲載。明治時代に西洋医学を伝えたオランダ人医師マンスフェルトを皮切りに、ペスト菌を発見した北里柴三郎や天然痘撲滅に尽力した蟻田功など、熊本ゆかりの人物を取り上げた。ハンセン病や日本赤十字社といったテーマにも向き合った。

 A5判で158ページ。税別1200円。西日本新聞社出版部=092(711)5523。

=2017/01/12付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]