ホークスファンタブレット

八代観光復興へ特別プラン 宿泊費2-5割引きに 市内の16施設 [熊本県]

 八代市の観光地域づくり推進法人「DMOやつしろ」は、熊本地震発生後に落ち込んだ観光客を呼び戻そうと、市内16のホテル・旅館・民宿の宿泊料を2~5割引きにし、土産代などの500円割引券も付ける特別宿泊プランを展開している。八代妙見祭のユネスコ無形文化遺産登録記念も兼ねた市の委託事業で、3月20日まで。

 宿泊施設は同市中心部が5施設、日奈久温泉が6施設、五家荘が5施設で、プランは1泊2食付きの「サンキュー八代」と、素泊まりの「イクよ八代」の2種類。2食付きは3980~9980円(税込み)の6種類があり、いずれも通常料金より約3千円安く、素泊まりは1980円と2980円(同)の2種類で約2千円安い。休日の前日は割り増しがある。割り引き分は市の「八代版ふっこう割事業費」を充てる。

 同市中心商店街と日奈久温泉では3月5日までひな祭りイベント、五家荘では同19日まで久連子福寿草まつりが開催中。宿泊施設一覧はDMOやつしろのホームページで。予約は直接、各施設へ。プラン全体の問い合わせはDMO=0965(31)8200。

=2017/02/16付 西日本新聞朝刊=

◆好評の西日本新聞アプリ。30日分の全紙面と速報ニュース。初月無料でお試し!
◆ホークスFANタブレットが登場。もれなくマッチとワッチに会える特典付き!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]