西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「南阿蘇村は食材の宝庫」 現代の名工・シェフ上柿元さん、料理講習会で復興エール [熊本県]

南阿蘇産のナスを料理する上柿元さん(右)。参加者は真剣な表情で見入っていた
南阿蘇産のナスを料理する上柿元さん(右)。参加者は真剣な表情で見入っていた
写真を見る

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)の元総料理長で、「現代の名工」にも選ばれたフランス料理人の上柿元勝さん(67)が20日、熊本地震復興支援として南阿蘇村を訪れ、村の食材を使ったフランス料理の講習会を開いた。上柿元さんは「コメやトマトなど南阿蘇は食材の宝庫。素晴らしさを世界に発信したい」とエールを送った。

 フランス料理人たちでつくる「日本エスコフィエ協会」が主催。地元で飲食店や宿泊施設を営む約40人が参加した。上柿元さんは卓越した技術とともに、「自然の恵みに感謝する気持ちがないとおいしい料理はできない」と料理人の心構えも伝授。地元産の食材を使い、「イワナのガトー仕立て」や「ナスのサラダ」を調理した。

 試食したペンション「木の実」オーナー秦敏郎さん(62)は「やさしい味でワインに合いそう。参考にしたい」と一流シェフの腕前にうなった。上柿元さんは各地で開いた講習会の参加費を村に寄付した。

=2017/09/23付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]