西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

御船町の中原団地27戸解体へ 熊本地震で長期避難世帯 [熊本県]

 熊本地震で被災し地滑りの恐れがあるとして避難指示が継続している御船町の町営中原団地について、町は全108戸のうち27戸の解体を決めた。81戸は来年度中にも復旧工事を完了する予定。

 町が26日夜の住民説明会で明らかにした。中原団地は昨年6月、被災者生活再建支援法に基づく長期避難世帯に認定されており、住民は現在も避難生活を送っている。

 町によると、解体する27戸はいずれも木造住宅で、敷地に地割れがあるなどしており、再建は困難と判断した。解体は来年度以降になる見通し。81戸の復旧工事は10月にも開始し、損傷した道路の修繕や家屋の改修、水道管やガス管の復旧などを行う。

 中原団地は1988~94年に整備。町は住民に対して定期的に説明会を開いており、今後も事業の進み具合を説明していくという。

=2017/09/28付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]