西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

熊本市内にアライグマ 7年ぶりに確認 市「目撃情報の提供を」 [熊本県]

熊本市北区に設置した自動撮影カメラに写っていたアライグマ(市提供)
熊本市北区に設置した自動撮影カメラに写っていたアライグマ(市提供)
写真を見る

 熊本市は9月29日、特定外来生物のアライグマが北区植木町の水路沿いで見つかったと発表した。市内での確認は7年ぶり2例目。人や農作物に危害を与える恐れがあるとして、目撃情報の提供を呼び掛けている。

 市環境共生課によると、玉名市や宇城市など周辺地域でアライグマが頻繁に確認されていたことを受け、8月から調査のため熊本市内10カ所に自動撮影カメラを設置。9月23日深夜、成獣とみられる1匹が写っていた。市は10月上旬に地元猟友会の協力を得て、捕獲作業を始めるという。

 担当者は「見つけた場合は近づかず、携帯電話などで撮影して連絡してほしい」と話している。

=2017/10/05付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]