2月1日から「ひなまつり」 人吉・球磨に早春の彩り 10市町村の100施設以上で [熊本県]

過去の「人吉球磨は、ひなまつり」の様子
過去の「人吉球磨は、ひなまつり」の様子
写真を見る

 早春の人吉・球磨地方を華やかに彩るイベント「人吉球磨は、ひなまつり」(ひとよし・くま旬夏秋冬キャンペーン実行委員会主催)が2月1日(木)から、域内10市町村で開かれる。100施設以上でひな人形の展示やスタンプラリーなど多彩な行事を予定しており、地域を挙げて観光客をもてなす。3月21日(水・祝)まで。

 初日は、くま川鉄道湯前駅隣のレールウイングでオープニングイベントを開催。箏曲演奏や郷土料理・つぼん汁の振る舞いなどのほか、今年の干支(えと)にちなんで犬のおひな様も登場する。

 人吉市中心街の鍛冶屋町、九日町、五日町の通り沿いでは期間中、各種催しが行われ、今回からレンタルの着物で、おひな様体験ができるサービスを始める。3月4日(日)には、着物のまち歩きイベントと、よさこい祭りを開催する。

 ほかに、同市赤池原町の人吉クラフトパーク石野公園や各町村でも、ひな人形の展示や製作体験、期間限定メニューの食事などが楽しめる。2万円相当の旅館宿泊補助券が当たるスタンプラリーも実施する。

 催しを紹介したパンフレットを各役場や観光施設などで配布しており、実行委は「パンフレットを片手に各会場を巡ってほしい」と話している。

=2018/01/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]