西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

GWバイト不足、阿蘇悲鳴 地震後に東海大生800人転居

道の駅「あそ望の郷くぎの」の駐車場は大型連休初日、県外ナンバーの車などでにぎわった=29日午後4時すぎ、熊本県南阿蘇村
道の駅「あそ望の郷くぎの」の駐車場は大型連休初日、県外ナンバーの車などでにぎわった=29日午後4時すぎ、熊本県南阿蘇村
写真を見る

 大型連休の書き入れ時を迎えた熊本県阿蘇地域で、飲食店や宿泊施設の人手不足が深刻化している。熊本地震の影響で東海大農学部(同県南阿蘇村)の学生約800人が熊本市に移り、学生の労働力を失ったためだ。被災した道路が一部復旧し「観光復興」が被災地の合言葉となる中、営業時間の短縮や従業員に残業をしてもらうなどぎりぎりのやりくりを迫られている。

 29日昼、阿蘇五岳が一望できる南阿蘇村の飲食店「ちきゅうや」は観光客で埋まった。地震前は2人いた学生アルバイトの代わりが見つからず、店主の西田芳成さん(64)夫妻は、知人に手伝いを頼み連休をしのぐ。谷間の平日も来客は見込まれるが、休むことにした。「人手が足りず体力がもたない」からだ。

 ある旅館は連休中は予約でほぼ満室。学生バイトの穴をパートで埋めたいが、おかみは「村外避難した人も多く集まらない」と嘆く。従業員の残業を増やすなどして対応するという。

 阿蘇大橋や国道57号など主要道の被災で観光客が激減した阿蘇地域。昨年末に熊本市方面と南阿蘇村をつなぐトンネルの開通後は客足が戻りつつあり、ゴールデンウイーク(GW)にかける期待は大きい。

 トンネルに近い道の駅「あそ望の郷くぎの」は連休中、例年以上の集客を見込む。熊本市に住む東海大生を送迎するなどしてバイトを確保する。藤原健志社長は「まだ再開できていない旅館や飲食店のためにも、阿蘇への観光客を途切れさせないよう頑張りたい」と話した。

=2017/04/30付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]