西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

熊本大院が27、28日にケアプログラム 一般被災者も受け付け

 熊本大大学院生命科学研究部は、熊本地震の対応に従事した自治体職員や看護師など支援者同士が被災体験や悩みを語り合う「集団精神療法」などのケアプログラムで、一般の被災者の参加を受け付けている。

 27日午前11時と午後2時、28日午前11時からの計3回、熊本市中央区の生命科学研究部で集団精神療法の実践があるほか、27日午後5時15分からは国際基督教大の小谷英文名誉教授による公開相談と講義もある。27日午後7時15分からと28日午前9時から個別相談にも応じる。

 いずれも事前にメール=susami@kumamoto‐u.ac.jp=での申し込みが必要。問い合わせは、生命科学研究部の宇佐美しおり教授=096(373)5470。

=2017/05/15付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]