今冬、西日本で気温低く 気象庁発表、ラニーニャ影響

 今年の1月24日、西日本の大雪で白くなった福岡市の繁華街・天神地区
今年の1月24日、西日本の大雪で白くなった福岡市の繁華街・天神地区
写真を見る

 気象庁は23日、12月から来年2月までの冬の天候予報を発表した。南米ペルー沖の海面水温が低くなるラニーニャ現象の影響で西日本を中心に平年より気温が低くなる見込み。

 気象庁によると、現象の影響などで大陸のシベリア高気圧が列島側に広く張り出し、西日本や沖縄・奄美を中心に寒気が流れ込みやすくなる。北日本では寒気の影響は小さく、気温は平年より高くなるとみられる。降水量は北日本と西日本の日本海側で平年並みか多くなる。

 降雪量は、西日本の日本海側で平年並みか多く、北日本と東日本の日本海側でほぼ平年並みになるとみられる。

Recommend

Recommend