成田―マドリード線が就航 18年ぶり、記念式典開く

 約18年ぶりとなったイベリア航空の成田―マドリード線就航記念式典で、記念撮影に応じる同社のルイス・ガジェゴ会長(左から4人目)ら=19日午前、成田空港
約18年ぶりとなったイベリア航空の成田―マドリード線就航記念式典で、記念撮影に応じる同社のルイス・ガジェゴ会長(左から4人目)ら=19日午前、成田空港
写真を見る

 スペインのイベリア航空は19日、成田―マドリード線を就航させ、成田空港で記念式典が開かれた。同線の就航は約18年ぶりで、国内唯一のスペインへの直行便。日本航空と共同で、運賃設定やチケット販売などを進める方針。

 式典でイベリア航空のルイス・ガジェゴ会長は「成田―マドリード線の利用で、日本からスペイン各地だけでなく欧州やアフリカ、米国への旅が可能になる」とあいさつした。

 イベリア航空によると、機体は全288席のエアバスA330と、全346席のエアバスA340を使用。成田とマドリードを週に3回往復する。1986年5月に同線に就航したが、98年11月に撤退した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]