JR九州、蓄電池電車の運行開始 筑豊線、愛称は「DENCHA」

 JR筑豊線の若松駅で、運行の開始を待つ蓄電池電車「DENCHA(デンチャ)」=19日午前、北九州市
JR筑豊線の若松駅で、運行の開始を待つ蓄電池電車「DENCHA(デンチャ)」=19日午前、北九州市
写真を見る

 蓄電池を搭載し、非電化区間も走行できるJR九州の新型電車が19日、北九州市の筑豊線若松―折尾間(10・8キロ)で営業運転を始めた。現在のディーゼル車に比べて燃料を含めた維持費が安く、二酸化炭素(CO2)の排出削減も期待できる。JR九州の路線の4割は非電化区間で、今後、蓄電池電車を増やしていく計画だ。

 蓄電池電車は、電化区間では架線から充電しながら走り、非電化区間ではパンタグラフを畳み、蓄電池の電力で走る。JR東日本が既に導入しているが、JR九州では初めてとなる。

 蓄電池電車の愛称は「DENCHA(デンチャ)」。2両1編成で若松―折尾間を1日4往復する。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]