詩人ランボーを撃った拳銃落札 パリで競売、5300万円

 競売に掛けられたベルレーヌの拳銃(クリスティーズ提供・共同)
競売に掛けられたベルレーヌの拳銃(クリスティーズ提供・共同)
写真を見る
 フランスの詩人ベルレーヌの肖像画(ゲッティ=共同)
フランスの詩人ベルレーヌの肖像画(ゲッティ=共同)
写真を見る
 詩人ランボー(ゲッティ=共同)
詩人ランボー(ゲッティ=共同)
写真を見る

 【パリ共同】競売大手クリスティーズは1日までに、19世紀フランスの詩人ベルレーヌ(1844~96年)が10歳年下の詩人ランボー(54~91年)を撃った拳銃の競売がパリであり、手数料と合わせて43万4500ユーロ(約5300万円)で落札されたと発表した。落札者は明らかにされていない。

 拳銃は7ミリ銃弾を6発装填でき、ベルレーヌはベルギーの首都ブリュッセルのホテルで73年7月10日午後、ランボーに向かって2発を発射、1発が手首付近に当たった。ランボーは入院し、ベルレーヌは刑務所に入った。

 共に「天才」と呼ばれた2人の詩人は愛人関係にあった。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]