「菓子でおもてなし」条例可決 三重・名張市が制定

 条例が可決され、菓子産業の振興と市のPRをする三重県名張市の女性市議=2日午前、三重県名張市
条例が可決され、菓子産業の振興と市のPRをする三重県名張市の女性市議=2日午前、三重県名張市
写真を見る

 三重県名張市議会は2日、菓子産業の振興と市のPRを目指す「『食べてだあこ』名張のお菓子でおもてなし条例」を可決した。市によると、同様の条例の制定は全国で珍しいという。同日から施行する。

 「食べてだあこ」とは地元の方言で「食べてください」の意味。条例は名張市を「古くは関西と伊勢神宮を結ぶ宿場町として栄え、お茶やお菓子でもてなしてきた」と紹介。菓子を通じて産業や観光を盛り上げることを目的とし、市は名産のせんべい「かたやき」や「丁稚ようかん」といった菓子の魅力を広めるため施策を講じるとしている。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]