京都・大谷祖廟で「万灯会」 お盆の夜に1万の明かり

 東本願寺・大谷祖廟で始まった古都の盆の風物詩「万灯会」=14日夜、京都市
東本願寺・大谷祖廟で始まった古都の盆の風物詩「万灯会」=14日夜、京都市
写真を見る

 墓前に約1万個のちょうちんをつるし、故人をしのぶ古都の盆の風物詩「万灯会」が14日、京都市東山区の東本願寺・大谷祖廟で始まった。家族連れらがお参りし、揺れる明かりに静かに手を合わせた。

 万灯会は、夏の暑い時期、涼しい夜にお参りできるよう、参拝者の足元を照らすちょうちんをともしたことが始まりで、今年で56回目。ほとんどはろうそくだが、約500個は電球を使用。電力消費を抑えようと、今年から発光ダイオード(LED)が導入された。

 市街地を見下ろす墓地では、午後6時ごろから、明かりがともり始め、一帯は温かな光に包まれた。16日までの3日間で例年約6万人が訪れる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]