西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

ピコ太郎がウガンダの観光大使に PPAP披露

 5日、ウガンダの首都カンパラで、サッカーのウガンダ代表にPPAPの踊り方を教え、記念撮影に応じるピコ太郎さん(エイベックス提供・共同)
5日、ウガンダの首都カンパラで、サッカーのウガンダ代表にPPAPの踊り方を教え、記念撮影に応じるピコ太郎さん(エイベックス提供・共同)
写真を見る

 【ナイロビ共同】「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のコミカルな歌と踊りがヒットした歌手ピコ太郎さんが6日、アフリカ東部ウガンダの政府観光局から観光大使に任命された。

 所属事務所のエイベックスによると、昨年10月にウガンダの国内チャートでPPAPが1位になるなど、ピコ太郎さんの人気は高い。今後1年間、日本でウガンダの観光地をPRする。

 首都カンパラのホテルで6日に開かれた任命式で、ムセベニ大統領が「あなたはサムライか?」と質問。「シンガー・ソングライターです」と答えてPPAPのパフォーマンスを披露すると、会場は笑いに包まれた。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]