スマホで定期券買えます 無人駅向けにJR北海道

 「スマホ定期券」のデモ画面が表示されたスマートフォンを持つJR北海道の社員=17日午後、札幌市
「スマホ定期券」のデモ画面が表示されたスマートフォンを持つJR北海道の社員=17日午後、札幌市
写真を見る

 JR北海道は17日、無人駅が多く、自動改札やIC乗車券も導入されていないエリアの一部を対象に、スマートフォンの画面上で定期券を購入できるサービス「スマホ定期券」を4月から始めると発表した。利用時はスマホ画面の定期券情報を、無人駅なら列車の運転士に、有人駅なら駅員にそれぞれ提示する。

 同社によると、バス利用者向けアプリ「バスもり!」を使い、スマホ上で定期券を買うことができ、クレジットカード決済かコンビニでの支払いを選べる。鉄道利用者向けの導入は初めてという。

 石北線の西留辺蘂―網走と釧網線の緑―網走の区間内で乗降する利用者が対象。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]