2018年6月16日

★6月16日(土)「第4回おいしいはなし」(福岡市西区・九州大伊都キャンパス)

九州大学創食倶楽部・フロントマンの竹内太郎です。

この度は、来る6月16日(土)に「おいしいはなし」の第4回を開催する運びとなりましたので、そのご案内です。

今回は、「本当のきれいを、食べたい。」をテーマに、山と海で安心安全な食べ物を生産している方々をお呼びします。

ひとりは、福岡県宗像市で有機農業を営む竹松有樹さん。竹松さんは、土作りから見直し、本来土の持っている力を最大限に引き出せるような農業に取り組んでいます。特に、竹松さんのアスパラガスは新鮮なときは生で食べられるほどみずみずしく絶品です。
もうひとりは、鹿児島県出水市で無酸処理の海苔を養殖している島中良夫・さとよ夫妻。九州には有明という海苔の一大産地がありますが、一方で鹿児島で海苔の養殖をしていることはほとんど知られていません。さらに、今作られている海苔が、強いクエン酸や塩酸によって殺菌されているという事実もあまり知られていないのではないでしょうか。
島中さんは、昔から食べていたアサクサという幻のノリの種の味が忘れられず、23年かかってようやく無酸処理のアサクサノリ養殖に成功された方です。

このように、人の体に優しい農業・漁業は、環境にも優しいもので、常にそれを意識している両者がどのように対話していくのか、とても興味深いです。

当日は、お二人の作ったものを召し上がっていただけるように、昼食・おやつ付きでイベントを企画しております。
なかなか無い機会ですので、ぜひお申し込みください。

お申し込みはこちらから。
http://kokucheese.com/event/index/516437/

今回もよろしくお願いします。

詳細は以下の通りです。

■日時:2018年6月16日 (土) 12:00~17:00(11:20開場)

■場所:九州大学伊都地区ドミトリー3・多目的室(福岡市西区大字桑原674)
※箱崎ではないのでご注意下さい。

■講師:竹松有樹氏(宗像市・竹松農園)
    島中良夫・さとよ夫妻(出水市・無酸処理のり養殖)

■参加費:2,995円(昼食・おやつ付き)
■定員:先着40名。

■会場へのアクセス:
・JR筑肥線「九大学研都市」下車、昭和バスに乗り換え「九大ビッグオレンジ前」下車、徒歩5分。
・天神バスセンターより「九大伊都キャンパス」行き乗車。
・お車でお越しの場合は、「椎木講堂」までお越しください。案内の者が駐車場をご案内します。

■プログラム

11:20     開場
12:00-12:10 主催者あいさつ
12:10-12:40 竹松さんのおはなし
12:40-13:10 島中さんのおはなし
13:10-14:40 昼食
14:40-15:10 対談
15:10-15:30 質疑・講評
15:30-16:50 おやつタイム・販売会
17:00     閉幕


九州大学創食倶楽部
フロントマン 竹内太郎

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]