2010年5月10日

【元気野菜de元気人間(吉田俊道)】<4>抗酸化力

090503_1.jpg
切って数分後のナス
090503_2.jpg
1週間後のナス
090503_3.jpg
2週間後のナス

育て方で異なる強さ

 同じ野菜でも、育て方によって、生命力は全く違う。それを皆さんに理解してもらうため、昨夏、自宅で輪切りしたナスを夏の室内にラップをかけて放置。その後の変化を比較する実験を行いました。

 AとBは、近くの店で買った新鮮なもの。Cは、大量の雑草をすきこんだ土で作った無農薬のナス。長崎県佐世保市三川内町の有機農業の体験農園(チャレンジ農園)で、2週間に1度手入れする以外は、ほぼほったらかし状態でした。Dは同市世知原にある私の畑で収穫した有機ナスです。

 1週間たつと、A、Bとも腐敗が始まったのに、CとDは逆に緑色になって生き返ろうとしているように見えます。2週間後、AとBは腐敗。Dは多少、黒ずんできましたが、Cはまだ頑張っています。

 買ったナスは収穫日が早いからと思われるかもしれませんが、これだけの差は収穫日の違いでは出てきません。これこそが、野菜の抗酸化力であり、ファイトケミカルの力。どんな状況でも生き抜こうとする生命力そのものといえるでしょう。こんな野菜をたくさん食べるのですから、第1話の保育園全体で病気が激減した話もうなずけます。

 私が、農薬が安全かどうかの議論だけでなく、より生命力の強い野菜を選んでほしいと言うのはそのため。かつて長崎市立精道小学校で、児童たちが生ごみリサイクルで作ったナスも、ありえないくらい強かったし、香川県の農業高校が育てた野菜の比較試験でも同様の結果が得られました。実験は簡単にできますから、ぜひ皆さんもやってみて実感してください。

 そして、こんな生命力の強い野菜は、おいしいのに害虫が寄ってこないんです。詳しくは次週。
 (NPO法人「大地といのちの会」理事長)

=2009/06/07付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]