2010年7月15日

むすび庵便り・八尋幸隆<4>減農薬稲作運動(2) 養われたまなざし

八尋さんたちの活動はテレビ番組となり、全国放映された

 減農薬稲作の実験は1978年、異常な酷暑で虫の発生も多い中でのスタートになりました。

 比較研究のため試験田を(1)無農薬(2)虫の状況を見て適宜農薬を使う(3)普及所の指導通りに農薬を使う-に分類しました。秋の初め、この三つの田んぼでウンカの数を調べると、予想に反して無農薬田が最も少なく、農薬を使った田んぼは終盤、さらに農薬をふらねば危険な状態に陥りました。

 衝撃でした。たくさん農薬をふればそれだけ害虫は減るという考えは誤りだったのですから。害虫と同時に益虫もやられるため、その後発生する害虫を駆除できず、やたら農薬を使うと逆に被害は拡大-。今では「常識」ですが、当時はそんなことも知らなかったし、私自身、ウンカを含め田んぼの生き物を何にも知らないことが分かりました。

 最大の教訓は「農業はマニュアル化できない」。同じ数の害虫がいても、被害が出る田んぼとそうでない田んぼがある。その差は何かと考えつつ、次第に害虫以外の虫や稲そのものを見るようになったのです。全体をながめるまなざしが養われる中で気づいたのが、害虫でも益虫でもない「ただの虫」。害虫のウンカですら、他の虫とのバランスの中で「ただの虫」化できることも分かりました。

 その後、減農薬運動はマスコミにも取り上げられ広まりましたが、それにつれて単に農薬の使用回数の問題に矮小(わいしょう)化され、少ないことをセールスポイントにする動きも出てきました。

 運動の本質が、そんな商業的な「差異化」にあるのなら、大多数の百姓には農薬を大量に使う農業を続けてもらわねばなりません。そんなばかな話はないわけで、私たちが目指していたのは、誰もが志をもって取り組めて、それがきちんと評価される社会でした。

 この過程で、一緒に取り組んだ宇根豊さんの中に、後年「農と自然の研究所」が行った「田んぼの生き物調査」「ただの風景の提唱」などの素地が芽生えていたのでしょうが、それを具体的な言葉で表現し、実践まで持っていくのが宇根さんの真骨頂。ついには、百姓仕事が生き物という「めぐみ」をはぐくみ、皆が当たり前と思っている美しい農村風景をも生み出しているという「とつけもない」理論に到達するわけです。

 そんな雲をつかむような話に、人はなぜついていくのか。「この人にならだまされてもいいや」と思わせる宇根さんの人間性がそうさせたとしか、いいようがありません。

 研究所は今月17日、福岡市博多区の大博多ホールで解散集会を開きます。午前10時から減農薬稲作運動を振り返るプレ企画、午後1時から本番です。多くの方々に参加いただき、歴史の証人になっていただきたいものです。(福岡県筑紫野市「むすび庵」庵主)

=2010/04/11付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]