2006年12月 5日

食卓の向こう側 第9部・広がる輪<1>弁当の日 この楽しさ伝えたい

 「今日のテーマは『お気に入りの野菜』を使ったおかず。では先生から、お弁当箱を開けてくださーい」
 11月上旬、九州大学箱崎キャンパス(福岡市東区)の昼休み。買った弁当の袋を手に学生らが行き交う傍らの芝生に、チンゲンサイとシメジの豚肉いため、レンコンの梅肉あえ、ロール白菜、サトイモの煮っ転がしなど、店のメニューにはないおかず15品を並べるグループがあった。

芝生の上に弁当箱を広げ、お互いの料理を食べ合う九州大学の学生ら
芝生の上に弁当箱を広げ、お互いの料理を食べ合う九州大学の学生ら

 毎週木曜日、手作りの弁当を持ち寄っては、みんなで食べる九大生の“弁当の日”。きっかけは、その前月、県内5大学の学生など65人が集まり、食をテーマに語り合った「九大食育ワークショップ」だった。

 そこで紹介されたのは、高松市立国分寺中学校の竹下和男校長(57)が始めた「子どもが作る“弁当の日”」。弁当作りを通じて、子どもや家庭が変わっていくという話に、農学部3年の井田順子さん(21)は飛びついた。

 時間が惜しいと出来合いの弁当を利用し、「これまでお金で時間を買ってきた」。しかし、「食は心の余裕をつくる大切な時間」と気づいた。

 「誰かのために作るのも楽しい。私たちもやろうよ」

 呼び掛けに、セミナーでインスタント食品やファストフードに偏りがちな食生活を不安に感じた仲間が応じた。

 「自分の名前の頭文字から始まる食材を使ったおかず」など毎回テーマを変え、できた料理はインターネットで公開。友人を手作りの料理でもてなす食事会も始まった。

 思ってもみなかった楽しみを知った学生らの活動は、しなやかに展開している。

   ×    ×

 「弁当作りを体験すれば、食や家族を大切にする時代がくる。“弁当の日”で日本は変わる」

 今年4月、福岡市で開かれた「食卓の向こう側シンポジウム」。基調講演をした竹下校長の言葉は、北九州市立飛幡中学校(戸畑区)で家庭科を教える古閑(こが)明子教諭(42)の心を揺さぶった。

 学校の備品が壊されるのはざら。全国各地でいじめや自殺が相次ぎ、荒れる教育現場の現実に、「一人の力ではどうにもならない」とあきらめかけていた。だが、「学校から変える」という竹下校長の話に勇気づけられた。

 「受け身では駄目」。古閑教諭は柿木勝義校長(55)に相談。家庭科の授業を活用し、10月から“弁当の日”を取り入れることを決めた。

 「なんの評価になるん」「弁当作って何かいいことあるんか?」。そんな生徒の声も聞こえたが、ふたを開けてみると、みな、早起きして弁当を作ってきた。それだけでなく、友だちの弁当に刺激され、「次は買い出しから一人でやる」「冷凍食品は使わないで自分で作る」などと、意欲を示す生徒も出てきた。

 「母の苦労が分かった」という生徒や、「何も教えていないことに反省した」という保護者の感想が寄せられた。

 受験科目ではないと軽んじられがちな家庭科だが、古閑教諭は思う。「暮らしの力を高める家庭科は、学習意欲も高める大事な科目なのです」

   ×    ×

 北九州市には、ほかにも今春から“弁当の日”をスタートさせた西南女学院短期大学部(小倉北区)がある。

 「小学生時代に経験できていたら、こんなに苦労しないのに…」。連載で“弁当の日”を読んだ一人暮らしの学生が、自らの自炊生活を語った言葉に、同大学部の池田博子教授が始めた。

 「うちの学生ってこんなレベルと思われないかしら」。そんな不安もあった。ところが、学生らの反応は「いい機会をありがとうございました」。出した課題を感謝されるという初めての体験をした。学生らの料理の腕前は上がり、「これまで上げ膳(ぜん)据え膳では、見えていなかったものが見えるようになりました」という意見も。今、池田教授は、小学、中学、高校とも連携した取り組みができないかと考えている。

 全国で本年度中に“弁当の日”に取り組むのは、8道県の37校。九州では、福岡県がそのうち21校を占めるなど、「ご本家」のお株を奪う広がりをみせている。

   *    *

 「食」という物差しを通じて、家庭や子育て、環境、農業、医療、福祉など、社会のありようを考える長期連載「食卓の向こう側」を始めて丸3年。第9部「広がる輪」では連載をきっかけに、自ら動きだした人々を紹介します。
(この連載は「食 くらし」取材班の佐藤弘、大淵龍生、渡辺美穂が担当します)

    ×      ×

 ●子どもが作る“弁当の日” 2001年、香川県綾川町立滝宮小学校の竹下和男校長=当時=が始めた取り組みで、第8部「食育 その力」で紹介。子どもを台所に立たせて生きる力の基礎となる「暮らしの時間」を増やそうと、「親は手伝わずに、自分で作る」ことをルールとして実施されている。

■食卓の向こう側 第9部・広がる輪
(2006/12/5~12/18掲載)
1. 弁当の日 この楽しさ伝えたい
2. 暮らし力 みそ汁作って学校へ
3. 和食 命紡ぐ文化取り戻す
4. 若い力 体験こそかっこいい
5. お産 命通じ生き方見直す
6. つながり 「モノより人」へ回帰
7. 心食同源 元気野菜に魅せられ
8. 食育都市 問われる挑戦の真価
9. 責任 親世代から次世代へ

■食卓の向こう側 第9部・広がる輪

第9部

「食卓の向こう側」の本紙連載がスタートして3年が過ぎました。そこで訴えたことは、新聞というメディアの枠を超え、人と人との出会いによって広がりを見せ始めています。本書は、2006年12月5日から18日にかけて本紙朝刊で連載した「食卓の向こう側・第9部 広がる輪」を中心に、連載に寄せられた読者の感想・意見や関連資料を添えて再構成しました。
子どもたちや若者が自ら弁当、みそ汁を作ることで暮らしの力を取り戻す活動、「食育推進都市」を目指す長崎県佐世保市の挑戦―。それぞれができる範囲から食、暮らしを変える「半歩先」の行動を踏み出し「さらに輪を広げよう」と動き出した人たちの活動を紹介しながら、現代社会で生きていくために必要な食育のあり方、可能性を探ります。

A5判ブックレット/500円
(★詳細はこちら

◎食卓第9部・ブックレット
1. 弁当の日
「誰かのために作るのも楽しい。私たちもやろうよ」
2. 暮らし力
「学級崩壊やいじめがあるクラスには共通項がある」
3. 和食
「革命的なことじゃなくてもいい。でも、早く着手したかった」
4. 若い力
「社会に出た彼らがどんな花を咲かせるか楽しみです」
5. お産
「思い通りにいかないことはある。できることは何か、向き合っていこう」
6. つながり
変化のきっかけは「体験」だった
7. 心食同源
「このニンジン、柿みたいに甘い」
8. 食育都市
市民の熱意は確実に高まっている
9. 責任
「大学生協の使命が問われている」

連載に関する感想、意見をお寄せください。
〒810‐8721、西日本新聞社編集企画委員会「食 くらし」取材班へ。
ファクス=092(711)5004
メール=pj.oc.noppinihsin@ukohs

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]