2011年5月10日

▲「八女茶園オーナー募集」(福岡県八女市笠原)

1.「八女茶の里ふるさとオ-ナ-事業」の紹介
  八女茶の里で、農薬を使わないこだわりのお茶づくりを続けて20年以上になる  5戸の農家で取り組むこだわりのお茶づくりとは、(故人、栄林周瑞禅師によって霊巌寺が建立され、お茶の適地として庶民に広まっていき、現在の八女茶の産地に成りました。)自然環境が厳しい里山を逆手に取り、自然の恵みを生かした農業雑草を堆肥に替え、お茶の生命力を強くし、自然環境に負荷のない農薬を使わないエコ農業こだわりのお茶づくりを目指しています。
 
2.「農業エコ体験 茶園オ-ナ-」に申し込むには
 オ-ナ-希望の方は、下記の応募用紙に必要事項をご記入のうえ、FAX・または、郵送により、事務局までお申し込み下さい。
ご住所(〒   -    ) 電話番号
FAX
ご氏名
メールアドレス

お茶摘み体験参加者数 お茶の里オーナー希望者(該当する方に○印)
大人 名 希望する
子供 名 希望しない

3.契約条件について
①オ-ナ-は、茶園管理者と契約(契約期間5ヶ年)を締結します。
②利用面積は、1区画30㎡ ・ 3区画以内を原則とします。
③年間のご利用料金は5,000円でご案内申し上げます。
4.自然の恵み!八女茶の里ふるさとオーナー事業の予定地はどこ
『八女茶発祥の地霊巌寺』は、山紫水明なおもむきがある明国(現在の中国)にある蘇州霊巌寺に「ここ笠原の里山」がよく似ていたことから、当時のお百姓さんに周随禅師が茶の種を植えさせ、お茶の栽培を伝えたことが八女茶の始まりと言われています。
ぜひ、当時に思いを馳せ、八女茶の里の大自然゛をお楽しみ下さい。

八女茶の里ふるさとオーナー事務局 松下 博男 0943-42-1025  FAX 0943-42-0824


記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]